呉服町
唐津名産 銘菓 各種サービス 地図 セール 祭り情報 ...etc 呉服町簡単サーチ
Index > Top > 町内紹介 > 唐津くんち
AND OR
からつくんち


からつくんち
くんちの歴史呉服町のくんち行事紹介くんちを支える女性たち笛の練習


からつくんちの歴史

 唐津くんちは、唐津市南城内にある唐津神社の秋祭りで、16世紀の終わりに始まったと伝えられています。
元来は旧暦9月29日を中心にして催されていましたが、やがて月遅れの10月29日に、さらに昭和43年から現在の11月3日を中心とした祭りにと変更されました。
 唐津くんち最大の呼びものは、氏子が奉納する曳山行列です。刀町の一番ヤマ「赤獅子」から十四番ヤマ「七宝丸」まで、いずれも勇壮華麗な十四台が登場します。
この曳山は、文政二年(1819年)に、刀町の木彫家だったといわれる石崎嘉兵衛が伊勢参りの帰途に京都で見た祇園山笠をヒントにして、仲間達と赤獅子をつくり奉納したのが始まりです。
以来、明治九年(1876年)までの五十七年間に他の十四台がつくられました。
(紺屋町の黒獅子は明治十〜二十五年の間に消滅と推定されています。)
ちなみに一台の制作費を現在のお金に換算すると、一億五千万円前後になるといわれています。
 この『唐津くんち』は、昭和三十三年に佐賀県重要有形民俗文化財、また昭和五十五年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。最近では海外にも広く紹介されています。
 くんち見物を目的とした観光客も年々増加しており、くんち期間中の人出は五十万人を超えています。


唐津市教育委員会分化課資料より



からつくんちくんちの歴史呉服町のくんち行事紹介くんちを支える女性たち笛の練習


Copyright 2003 G.S.P All rights reserved.